アトリエdeユキ

美しい手彫りガラス工芸 

 グラスリッツェン(Glasritzen)

Beautiful hand engraved glass crafts
世界にひとつだけの「スペシャルアイテム」を針の先にダイヤモンドの付いたペンを使ってガラスの表面に繊細に彫刻します 。
We engrave a glass surface with a favorite design we chose using a pen with diamond powder on tip of it,
And create our own craft which is the only art existing in the world

お知らせ

 

2021世紀アートボーダレス展‐Monumental‐

国立新美術館 

2024年11月28日(木)~12月7日(土) 


ローマと日本美術の真実展
イタリア日本美術家協会 Museo Venanzo Crocetti 
ヴィナンツォ・クロチェッテイ美術館 イタリア・ローマ 
2024年11月8日~11月10日 

 

 アトリエdeユキ グラスリッツェン展 
ギャラリーコンセプト21 
2024年10月15日(火)~10月20日(日) 

 

第一回 藝文協会展
日光東照宮客殿・国宝東西廻廊
2024年7月20日(土)~7月24日(水)
 



第58回手工芸作品展
東京都美術館
2024年5月30日(木)~6月4日(火)
 


 ASEAN 設立55周年

 タイ国立シラパコーン大学創立80周年記念展
“Art for All 2024”  美術は全てのために
2024年2月4日(日)~2月8日(木)
 ガネーシャ芸術大賞

国立新美術館21世紀アートボーダレス展‐Aurora‐
2023年11月30日(木)~12月9日(土)

参議院議員北村賞

第2回現代手工芸展
東京都美術館
2023年10月7日金(土)~10月14(土)
 

第57回手工芸作品展
東京都美術館
2023年5月30日(火)~6月4日(日)


国立新美術館21世紀アートボーダレス展‐
2022年12月1日(木)~12月10日(土)
休館日12月6日(火)


日光東照宮美術展覧会
「芸術の虎展」

2022年11月5日(土)~11月9日(水) 


グラスリッツェンとは、 ドイツ語でglas 《ガラス》とritzen 《傷をつける》を合わせた言葉です。 ダイヤモンドの粉末を付けた細い針のようなペンで、ガラスの表面に薄く模様を彫刻する技法です。別名ではダイヤモンドポイント彫りと言います。

Glasritzen is a German word composed of two words, glas - glass and ritzen - scratch. It is an engraving technique using a pen with a diamond powder on tip of it .

It is also called a diamond point engraving.


☆グラスリッツェンの歴史   16世紀頃のヨーロッパで、ガラスにレース模様を装飾する目的で始められたと言われ、その繊細な美しさに魅了され上流階級で流行。その後ヨーロッパ各地に広まりました。  しかし、全て手彫りという繊細な技術ゆえに大量生産が難しく、あまり世の中に出回ることもなくその後衰退していきました。
近年、技術の向上で質の良い針が作られてから、手軽に出来る工芸になりました。   このグラスリッツェンという技術は日本人の手先の器用さ根気のある気質に向いているもので、とても楽しめる工芸となっています。
Around 16th century in Europe,it had been said that this craft was originally started as a way of decorating the surface of glasses with lace patterns.   The beauty of this fine art attracted many aristocrats in Europe and its popularity spread all over the continent.
However, because each one of the works needed to be handmade with a delicate skill, it was difficult for the mass production.   Therefore this craftsmanship disappeared without being carried on to the next generation or prevailing broadly.
In recent years, the improving technology had created needles with a better quality for the work, which made Glasritzen available for easy hobby to anyone.   This craftsmanship is suited for Japanese people who are known to have deft fingers and to be patient with a delicate work.   Now it has become a great craftwork which anyone can enjoy anytime in Japan .




作品の一部をインスタグラムに掲載しております。